Reach Detective Research

探偵事務所は必ず比較してから依頼しよう

探偵事務所は必ず比較してから依頼しよう


依頼する探偵事務所を選ぶというのはなかなか大変ですよね。
他の業種と違い、CMなどでよく見る事務所が一番信用できるとも言い切れない業界ですし、なにより探偵に依頼をすること自体が稀です。
探偵事務所なんてどこも一緒でしょ、と思っている方もいらっしゃると思いますが、中には「無理に契約を迫る」など悪質な行為を働く探偵事務所もあります。
しかし、周囲から探偵事務所の評判を聞いたり、口コミを判断材料のひとつにすることも難しいというのが現状です。

多くの人はホームページなどに書いてある謳い文句をそのまま鵜呑みにしてしまいます。
たとえば「業界最安値」。
ホームページに業界最安値と書いているのに、実際は追加料金などで他の探偵事務所と変わらない料金を請求されたという人も珍しくありません。

意図的にわかりづらい表記にしている悪徳探偵事務所で、詳しく説明されることがないまま契約をしてしまうと、請求されてからびっくりしてしまうことも。

こうした悪徳業者の手に引っ掛かってしまわないよう、探偵事務所の比較ポイントはしっかりと押さえておきましょう。

探偵事務所の比較ポイント


・公安委員会に届出を提出しているか
まず確認しておきたいのが、そもそもその事務所が法的に認められた探偵事務所かどうかという点です。
探偵事務所を開業するには、公安委員会に届出を提出する必要があります。
届出をしていない事務所はいくら探偵という看板を掲げていても、法的には認められていない業者ということになります。
そこまで数は多くないと思いますが、念のため確認しておきましょう。

・重要事項説明書と契約書を交付しているか
契約の際に重要事項説明書と契約書をしっかりと交付する業者を選ぶべきです。
重要事項説明書と契約書は、探偵業者が調査契約を依頼者と結ぶ際に必要な書類として、法律で決められているものです。
しかし、悪徳業者はこの契約書や説明事項の内容を曖昧にしたり、依頼者にとって不利な約束事を記載したりしていることがあるでしょう。
こういった書面は、細かい事柄を小さな字で、しかも難しい単語を用いた書き方となっている場合が多く、その道の素人である依頼者には理解困難な内容である可能性も高いのです。
いざ調査を始めてから後悔することがないようしっかりと目を通しておくことをおすすめします。


その他
・実在して営業している事務所かどうか
・相談員の応対はどうか
・調査に使用するカメラなどの機材はきちんとプロ仕様のものになっているか
など、確かめておきたい点は多岐にわたります。

依頼する調査内容によっても探偵を比較するポイントは変わりますが、今回解説した公安委員会への届け出や契約書関連についてはどんな調査内容であっても共通したチェック項目です。
まずはこれらをしっかりと確認した上で、各調査内容についての不明点や疑問は全て事前に質問して解決しましょう。
その際、少しでも言葉を濁すような場面があれば、それは探偵事務所側にとって不都合なこと、隠しておきたい話ということになります。そんな対応をする事務所に依頼などしたくありませんよね。
悪徳探偵業者に依頼しないように、しっかりと対策をしてから依頼を検討するようにしましょう。

Copyright (C) Reach Detective Research All Rights Reserved.